バーベルカール 「トレーニング Information」

バーベルカール

バーベルカールとは通常のバーベルもしくはWバーのバーベルを両手で持ち、直立の状態から、両腕の肘を曲げて、バーベルを肩ほどの高さまで持ち上げるトレーニングです。
ほぼ同じ効果が得られる運動ととして、台の上に肘を固定して行う、プリーチャーベンチカールやマシンを使ったアームカールなどがあります。
それでは、バーベルカールについて以下にご紹介していきます。

バーベルカール

バーベルカールはバーベルのみで行う事ができるトレーニングなので、自宅でも割と簡単に始める事ができます。
主に効果がある部位は肘を曲げる際に主に使用される筋肉である上腕二頭筋です。
両手の持ち手の幅を変える事によって、メインターゲットを変える事ができ、幅を広げると体の内側に近い上腕二頭筋短頭、幅を狭くすると外側の上腕二頭筋長頭により強く効かせる事ができます。
バーベルカールイメージ
上記の図ではWバーを用いていますが、ストレートバーを用いる場合も基本的な事は同じです。
この運動は肘の位置を動かさないように意識する事が大事だと言えます。
また、キツくなってくると体全体を使って反動をつけてしまいがちですが、それだと効果が半減してしまいますので、腕以外は絶対に動かさないように注意しながら取り組んでいきましょう。

リバース・バーベルカール

リバース・バーベルカールとは通常、手の平が前面にくるバーベルカールを手の甲が前面にくる形でバーベルを持ち、肘を曲げてバーベルを肩の高さあたりまで持ち上げる運動です。
この運動では上腕の筋肉以外にも前腕の上部にある「腕橈骨筋」、「長橈側手根伸筋」などを鍛える事ができ、手首のパフォーマンスをアップする事ができます。
リバース・バーベルカールイメージ
注意点は通常のバーベルカールと同じで肘を動かさず、体を振って反動をつけないようにする事が重要です。