基礎代謝を上げる「トレーニング Information」

基礎代謝を上げる

基礎代謝を上げる効果について

基礎代謝とは生きていくのに使用されるエネルギーの量の事で、その大半は体温の維持に使われるとされています。
この基礎代謝が人が生活する上で必要な全エネルギーの中で占める割合は非常に大きく、平常時だと全エネルギーの7割にも及びます。
よって、この基礎代謝をあげる事が消費エネルギーを上げる事には最も有効であり、エネルギーを使用すれば、余分な脂肪を落とす事にも効果的である為、ダイエットや体をデザインする上でも効果的だといえます。

基礎代謝を上げる方法

基礎代謝を上げるには筋肉を増やす事が最も近道です。また、筋肉には持久力型の「遅筋」と瞬発力型の「速筋」がありますが、基礎代謝を上げるには速筋を増やす事がとても重要だといえます。
その理由は遅筋は太くなりづらい筋肉である為、基礎代謝を上げる為には有効とは言えないからです。
そこで速筋を鍛える事になるのですが、普段、運動する習慣のない人の速筋は体が必要ないと判断し、眠っている状態にあると言われています。この眠っている状態にある筋肉は力が十分に発揮できないだけでなく、消費されるエネルギー量も6割程度に抑えられているそうです。生物が生きていく上では非常に優秀なこのシステムも、代謝を上げて脂肪を落とすと言う目的からすれば、非常に厄介なものとなりますよね。そこで、普段、運動をしない人は筋力トレーニングを始めて、筋肉を起こすだけでも消費エネルギーに変化が見られますので、普段、運動する習慣のない人でも積極的に筋力トレーニングを行っていきましょう。

筋肉が目覚めると発揮できる筋力が上がり、更に基礎代謝も上がりますが、この状態で更に負荷を強めて、筋肉を大きくする事で更に基礎代謝を上げる事ができます。
速筋を大きくするにはウエイトトレーニングが非常に有効なので、まずは、太もも、背中、胸などの大きい筋肉から鍛えて、基礎代謝を上げていきましょう。