背中の筋肉を鍛えるベントオーバーロウ「トレーニング Information」

ベントオーバーロウ

ベントオーバーロウについて

ベントオーバーロウはバーベルを使った背中の筋肉のトレーニングで、背中の筋肉の中でも主に広背筋の下部を鍛える事ができる為、背中の面積を大きくし、引きつける力をアップしたい場合には特に適したレーニングです。
広背筋の他にも背中全体の筋肉を鍛える事ができ、正しいフォームで最後までしっかりと行う事によって、大きな効果が期待できます。
それでは以下にベントオーバーロウの具体的なトレーニング方法と注意点をご紹介します。

ベントオーバーロウ

ベントオーバーロウはバーベルを肩幅より広めの幅で両手を使って持ち、腰を折って前傾姿勢にしてから、バーベルを腹部辺りまで持ち上げるトレーニングです。
このトレーニングを正しい動作で行う事によって、主に広背筋の下部を刺激する事ができ、その他にも大円筋、菱形筋、僧帽筋などの背部の筋肉郡や肩の三角筋後部、腕の上腕二頭筋なども鍛える事ができます。
ベントオーバーロウイメージ
ベントオーバーロを行う際はしっかりと最後まで腹部にバーベルを引きつけ、肩甲骨を閉める動作を意識する事によって、背中の中心部分の筋肉を発達させる効果をもたらします。
注意点としては絶対に背中を丸めない事が最も重要で背中を丸めてしまうと怪我をする可能性が非常に高くなります。また、バーベルは腕の筋肉を使って肘を曲げて持ち上げるのではなく、背中で持ち上げるイメージで取り組みましょう。