マシンを使った大胸筋のトレーニング「トレーニング Information」

マシンを使った大胸筋のトレーニング

このページではマシンを使った3種類の大胸筋のトレーニング方法をご紹介しています。
それぞれ、期待できる効果に特徴があるトレーニングでマシンを使うため、安全性も高いのですが、高価なマシンを必要とする為、基本的にはジムなどの施設でしか行う事は難しいでしょう。ジムなどに通っている、あるいは通う予定のある方は是非、お試しください。

チェストプレス

チェストプレスは専用のマシンを使って、大胸筋の中部を主に鍛える運動です。
バーベルなどのフリーウエイトで行うベンチプレスと似ていますが、こちらは安全性が遥かに高く、トレーニングの軌道の安定させる事も容易な為、トレーニングの経験ない方でも簡単に行う事ができます。
フリーウエイトと違ってインナーマッスルにあまり効果がないなどの欠点もありますが、初心者でも一人で行えるなど、バーベルやダンベルなどで行うトレーニングにはない特徴があります。
以下に具体的なトレーニング方法を図で示します。
チェストプレスイメージ
チェストプレスもベンチプレスと同じように背中の肩甲骨を寄せる事を意識して行うとより大胸筋に効かせやすくなります。

ペックフライ

ペックフライはダンベルフライに似た軌道を描く、マシンを使ったトレーニングです。
両腕を体の中心に向かって閉める運動なので、大胸筋の中心に深い溝を作りやすいと言われています。
こちらのトレーニングも背中の肩甲骨を閉め、胸を張ることが大事になってきます。
ペックフライイメージ
注意点としては背中を丸めてしまう事だけは避けて下さい。背中が丸まってしまうと効果が半減してしまうだけでなく、ケガの原因にもなります。

ケーブルクロスオーバー

ケーブルクロスオーバーはその名のとおり、ケーブルを使って行うトレーニングです。
主に大胸筋の下部が鍛えられる為、胸のラインがハッキリしやすくなります。また、ケーブルを引く事で負荷をかけられる運動なので、引く角度を変える事によって、負荷をかける箇所を微妙に調整する事もできます。
こちらも肩甲骨は閉めておこなって下さい。
ケーブルクロスオーバーイメージ
このトレーニングは体が固定されていない為、初心者の方は体全体が動いてしまいがちですが、負荷を下げてもよいので、体の中心は固定し、正しいフォームで行う事を心がけましょう。