呼吸と筋肉の関係性について「トレーニング Information」

呼吸と筋肉

呼吸と筋肉の関係性について

よく、筋トレの際に呼吸をするようにと言われていますが、その理由は簡単に言うと体の中心にある体幹部分の筋肉を固定する為です。
特にプレス系の種目などで、ウエイトを持ち上げる際に息を吐くようにすすめられている事が多いと思いますが、このケースが最も分かりやすい例で、バーベルなどのウエイトを持ち上げる際に少しでも体がグラグラしていたら危険ですよね?だから、体幹を固定する為に息を吐くという訳です。
以上のような理由から息を吐きながら動作を行うのですが、実際に自分の限界に近いウエイトを上げる際には呼吸は殆どできない事がわかると思います。
大きく息を吸い込んでから、息を止めて力を出す事を「怒責(どせき)」と言いますが、実は息を吐くよりも呼吸を止めた方が更に体幹は強く固定されると言われています。
では、なぜ、息を吐く事をすすめられているのか?これには血圧が関係しています。息を止めて、強い力を込めるとビックリする位、血圧が上がります。これは息を止めて運動している人の顔が真っ赤に変色する事からもなんとなく想像できるかと思います。
普段からトレーニングをやっている人は血圧が上がってもそれに耐えれるように血管が成長しているので、それほど危険はないと言われていますが、高齢の方やトレーニング初心者の方がいきなり呼吸を止めて、力を込めるのは大変、危険な事です。このような理由から原則的には息を吐きながらウエイトを上げる事をすすめているのです。

また、クランチやレッグレイズなどの腹筋運動をする際は息を吐きながら、筋肉を収縮させる方がより効果が高まると言われています。