子供の筋肉について「トレーニング Information」

子供の筋肉

「子供の筋肉」について

大人になると、瞬発力型の「速筋」と持久力型の「遅筋」という2種類の筋肉が存在しますが、子供の筋肉にはそれらの分類は基本的にないと言われていて、全て「遅筋」であると考えて問題ないようです。
また、子供が走り回っていても、大人と違ってなかなか疲れない理由にも、この筋肉がまだ分かれていない事が関係していると言われています。
さて、子供の筋力トレーニングについてなのですが、まだ未発達の子供の体にはダンベルやバーベルなどを使った関節に強い負担のかかるウエイトトレーニングなどは必要ないと言えるでしょう。

子供の為の筋力トレーニング

子供の筋肉には自重を使ったスクワットなどのトレーニングで十分で、ある程度は遊びの中で筋力はしっかりとつくと考えられています。よって、しっかりと遊んでいれば、そこまで筋肉を気にする必要はありません。
また、 スポーツなどを行っているお子様でも特別な筋力トレーニングなどに取り組む必要はなく、通常通り、スポーツの練習などを行っていれば、特に問題のないレベルの筋力はつくと思われます。
このように幼少期には筋肉を発達させる事は特に考える必要はなく、遊びやスポーツで運動神経を発達させる事に重点を置いた方が良いでしょう。

思春期の筋力トレーニング

思春期は急激に身長が伸びている時期なので、ここでもまだ激しい筋力トレーニングは避けるべきです。理由は関節などがまだしっかりとしていないので、怪我の原因につながってしまうからです。
しかし、ある程度、身長の伸びもおさまり、関節の痛みなどが特にない場合は少しずつウエイトトレーニングなどを取り入れても、人によっては問題ないかもしれません。
いずれにしても、まだ思春期の時期はハードな筋力トレーニングは避けて、普通にスポーツなどを行って、健康的に体を動かして筋肉を発達させていった方が良いと言えるでしょう。