腹筋を鍛えるクランチ「トレーニング Information」

クランチ

クランチについて

クランチとは一般的には腹筋運動または単に腹筋と呼ばれているものと非常によく似たトレーニングで、特に何も道具を必要とせず、場所もとらない為、腹筋のトレーニングの中でもとても人気のある種目です。
また、クランチはより腹筋運動に近い、シットアップとよく似た運動ですが、当サイトではクランチとシットアップを別々のページで掲載している為、このページではクランチのみをご紹介します。
それでは、以下にクランチの具体的なトレーニング方法や注意点について解説します。

クランチ

クランチは床などに仰向けになり、膝をほぼ90度に曲げて、足を浮かせてから行います。この時、両手は胸の上に手のひらを交差して置くか、後頭部で組むのが一般的ですが、後頭部で組むバリエーションは腕を重りに出来るため、負荷を強める事ができる反面、苦しくなると腕の反動を使ってしまいがちなので、初心者は特に手は胸の上に置いた方がよいと言えるでしょう。
クランチを行う事によって、主にお腹の中央の広い部分を占めている腹直筋に効果があり、正しいフォームで行う事によって、綺麗に割れた腹筋を手に入れる事ができます。
以下に図でクランチの具体的な動きをご説明します。
クランチイメージ
注意点としては首のみを起こさないようにする事と肩甲骨をしっかりと浮かせる所まで、状態を持ち上げる事が大切です。
また、上体を起こす際に上半身をねじりながら起こす事によって、ツイストクランチとよばれている運動に変化し、こちらは腹部の斜め横にある腹斜筋郡への効果が高いトレーニングとなります。