ディップ 「トレーニング Information」

ディップ

ディップとは二の腕の裏側にある「上腕三頭筋」を主に鍛えるトレーニングで、基本的には専用の台やマシンなどを使用しますが、軽い運動であれば、ご家庭にある丸椅子などを使用しても行う事ができます。
それでは以下に具体的なトレーニングの方法と注意点をご紹介していきます。

ディップ

まず、最初に最もポピュラーなトレーニング方法である、パラレルバーを使ったディップをご紹介します。
両手でパラレルバーを掴み、腕を伸ばしてから両足を浮かせます。そして、その状態からゆっくりと腕を曲げ、あまり上体が傾かないように意識しながら、肘が90度位になるまで曲げていきます。
上体が傾いた状態で行うと大胸筋が刺激されますが、上腕三頭筋への刺激は弱まってしまうので、上腕三頭筋のトレーニングとして行う場合はできるだけ、状態を真っ直ぐに保つようにしましょう。
注意点としてはディップはある程度の筋力がないと肩の関節を痛めてしまう危険性があるトレーニングなので、トレーニングを始めたばかりの初心者の方や女性の方にはあまりおすすめできません。
逆に筋力に自信のある方は腰にウエイトをつけるなどして、負荷を高めておこなってみるのもよいでしょう。

それでは次にあまり筋力がない方でも比較的、気軽に行えるディップの方法をご紹介します。
こちらのやり方で行う場合には専用の台などは使用せず、普通のご家庭などでも見かける丸椅子を使用します。この丸椅子は車輪などのついていない、動かないものをご使用ください。
運動を開始する為の準備として、脇を閉めた状態で両手を椅子のフチにつき、仰向けの状態になります。この時、両膝が真っ直ぐに近い形になるように意識します。
そこから、両肘が90度になるまで、脇を閉めたまま肘をまげていき、十分に体を沈める事ができれば、再び元のポジションに戻します。
この方法であれば、あまり筋力のない方でも行う事ができ、尚且つ、特別な器具も必要ありません。
椅子を使って、ディップを行う上での注意点は脇を開かないようにする事と、肘を曲げるのではなく、肩をすくめることによって体を沈めないように意識しながらおこなっていきましょう。