ダンベルカール 「トレーニング Information」

ダンベルカール

ダンベルカールとはダンベルを持って、腕の曲げ伸ばし運動をする事によって、力こぶの部分の筋肉(上腕二頭筋)を強化する為のトレーニングです。
ダンベルカールには通常のダンベルカールの他、上腕二頭筋にターゲットしぼった「コンセントレーションカール」、前腕にも効果のある「ハンマーカール」などの種類があり、基本的にはダンベルのみで行う事ができる為、家庭でも気軽に行う事ができます。
それでは、ダンベルカールについて以下にご紹介していきます。

ダンベルカール

ダンベルカールはダンベルを使った運動の中で最もポピュラーなトレーニングなので、ご存知の方も多いと思われますが、間違った方法で行われているケースもありますので、注意点なども合わせてご紹介します。
まず、ダンベルを手に持ち、立ったまま、又はベンチなどに腰を下ろして、腕を曲げる事によって、手に持ったダンベルを上に持ち上げます。
ダンベルカールイメージ
誤った方法として最も多いのが体の反動を使っているケースです。この方法で行うと、上腕二頭筋への効果が著しく弱まってしまうので、特に注意しましょう。
また、肘を固定する事がとても重要なトレーニングで肘を動かさないように意識しておこないましょう。

コンセントレーションカール

コンセントレーションカールはベンチなどに座り、自分の太ももの内側の部分に肘を固定して行うトレーニングです。
このトレーニングの良い点は肘を動かせなる事によって、より上腕二頭筋に効かせやすくなる事にあります。
コンセントレーションカールイメージ

ハンマーカール

ハンマーカールはダンベルを縦に持つ、いわゆるハンマーグリップでダンベルカールを行うトレーニングです。
ダンベルの持ち方を変える事によって、上腕二頭筋を鍛えるのと同時に前腕の上部、腕橈骨筋も鍛える事ができます。
ハンマーカールイメージ
この運動は前腕を鍛える事が出来るので、手首の筋力の強化をはかることができます。