日本人の筋肉についてについて「トレーニング Information」

日本人の筋肉について

日本人の筋肉について

人種によっての筋肉の質の違いなどは人種差別などの問題もある為、明確な調査は行われていないとされていますが、単純な筋肉量については情報があり、日本人を含めたアジア人と白人とを筋肉量で比較すると大体5kg位、白人の方が筋肉量が多いようです。
この筋肉量の違いは主に背面の筋肉が原因とされていて、白人や黒人は日本人と比べて、背筋などが特に発達している事から、平均で見てもこれだけの大きな差が生まれています。
また、骨格の違いなども原因でないかと言われており、具体的な説明としては白人は黄色人に比べて骨がガッシリとしていて大きく、筋肉は骨についている事から、筋肉の総面積に違いがでるのではないかという考え方です。

しかし、体の前面にある筋肉については人種間のハンデはあまりないようで、例えば、大胸筋と上腕三頭筋を主に使用するベンチプレスなどは日本人が強い競技だと言われています。これには腕の短さなども影響しているとも言われていますが、明確な根拠はない為、押す力は外国人と比べても遜色ないと考えて問題ないでしょう。
また、アジア人が黒人、白人よりも明らかに筋肉が発達しやすい箇所もあります。それは脚のふくらはぎの筋肉で、特に日本人はヒラメ筋が長くて大きいと言われています。
スプリント競技やジャンプなどにおいてはふくらはぎは細い方が有利と言われていますが、単純にふくらはぎの筋力で言えば筋量の多い日本人の方が上回っているはずなので、ふくらはぎの筋肉を使う運動に関しては優位になる可能性が高いと言えるでしょう。