太ももとお尻の筋肉を鍛えるレッグカール「トレーニング Information」

レッグカール

レッグカールについて

レッグカールとは専用のマシンを使って、太ももの後ろ側の筋肉や臀部の筋肉を鍛えるトレーニングですが、レッグカール用のマシンは様々なものがあり、うつぶせになって行うもの(ライイング・レッグカール)や、立った状態で行うもの(スタンディング・レッグカール)、座った上体で行うもの(シーテッド・レッグカール)などがありますが、このページでは最も一般的なレッグカールのマシンだと思われる、うつ伏せになって行うものをご紹介します。
尚、その他の種類のマシンで行う場合も体勢が違うだけで基本的には同じ動きなので、注意点などの応用はできると思われます。

それでは、以下にレッグカールの具体的なトレーニング方法や動作中に注意するべき点などについて、ご紹介します。

レッグカール

ライイング・レッグカールはマシンのマット部分にうつぶせになり、グリップがある場合は両手でグリップを握ります。(ない場合はしっかりと固定された部分のバーなどを握る)
その状態で両足の足首のやや上の部分にロールがくるように体の位置やバーの長さを調節後、背中をしっかりと固定して、ゆっくりと膝を曲げて、ウエイトを持ち上げます。
十分に膝を曲げて、ウエイトを持ち上げる事が出来たら、ゆっくりと膝を伸ばしていき、この動作を繰り返します。
レッグカールを行う事によって、主に太ももの後ろ側にあるハムストリングを鍛える事ができ、同時にふくらはぎ部分にある腓腹筋(ひふくきん)も鍛える事ができます。
レッグカールイメージ
注意点としては両足のつま先が平行になるように意識し、足首は寝せずにしっかりと立てて、かかと方向に真っ直ぐに引く事を心がけると効果がでやすくなります。
また、レッグカールはウエイトが物足りない場合や両足の筋力のバランスを調節したい場合などは片足ずつ行う事もできます。