腹筋を鍛えるレッグレイズ「トレーニング Information」

レッグレイズ

レッグレイズについて

レッグレイズはぺルビスレイズとも呼ばれる事もある、上半身を固定し、足と腰を持ち上げる事によって、腹部にある腹直筋を鍛えるトレーニングです。
「ぺルビス」とは骨盤を意味する言葉でその名の通り、両足と骨盤を持ち上げて腹筋に効かせる事を目的としています。レッグレイズは特に道具を用いなくても可能ですが、上体が浮かないように重りやベンチ、バーなどにつかまると正しいフォームでのトレーニングを行いやすくなります。
それでは、以下にレッグレイズの具体的なトレーニング方法や注意点について解説していきます。

レッグレイズ

レッグレイズはまず、床やトレーニング用のベンチなどに仰向けになり、ベンチの上であれば、ベンチ又はバーなどを掴み、固定するものが何もない場合は両手は床の上におきます。
その状態から、やや足を宙に浮かせた姿勢からスタートし、足を直角よりも斜めになった状態まで持ち上げ、そのまま腰を浮かせていき、背中の真ん中辺りまで浮かせます。
この動きを繰り返す事で、お腹の中心にある腹直筋の下部を鍛える事ができ、女性の方はこの辺りの筋肉が弱い傾向がありますので、下腹部の引き締めに特に効果が期待できます。
レッグレイズイメージ
注意点は足の角度を90度近くまで持ち上げてしまい、負荷が逃げてしまわないようにする事です。直角またはそれ以上の角度にまで、足を持ち上げてしまうと腹直筋への効果が薄れてしまう為、斜めの状態で足を止めるという点を特に意識して取り組んでいきましょう。
また、ベンチを使用する場合はベンチに傾斜をつける事によって、腹直筋に対する負荷を増やす事ができますので、物足りなくなった方は傾斜をつけて行うとよいでしょう。