お尻の筋肉を鍛えるヒップリフト「トレーニング Information」

ヒップリフト

ヒップリフトについて

ヒップリフトとは床などの上に仰向けになって行う、道具や特別な器具の必要としない、お尻の筋肉を鍛えるトレーニング種目で、自重で行う為、筋力レベルの高くない人でも気軽に取り組める事が大きな特徴のひとつです。
主にお尻の大殿筋に効果があり、その名の通り、ヒップアップに効果があり、臀部の筋肉は走る際などに大きく関係してくる筋肉なので、ランナーの方なども鍛えるべき箇所だと言えます。
それでは、以下にヒップリフトの具体的なトレーニング方法や注意点などをご紹介します。

ヒップリフト

まず、床やマットを敷いた床など、平らな場所に仰向けになります。そして膝を大きく曲げ、左右の膝をくっつけた状態を作ります。
そこから、ゆっくりと腰を浮かせて、膝から背中までが真っ直ぐにまるまで腰を持ち上げます。この状態でも膝をつけたままにし、ゆっくりと元のポジションに戻るまで腰を落としていきます。
この動作を繰り返し行う事によって、お尻の部分にある大殿筋を中心に太ももの裏側にあるハムストリングなども鍛える事ができます。
以下に図でヒップリフトの具体的な動きをご説明します。
ヒップリフトイメージ
注意すべき点としては腰を上げすぎない事と、運動中も膝を離さないように意識してトレーニングを行う事です。
また、ヒップリフトは足の裏をベンチの上など、高い場所に置いて行う事で負荷を高める事ができます。