筋肉量の平均について「トレーニング Information」

筋肉量の平均について

筋肉量の平均について

人の筋肉量は成人から30歳位まではあまり変わらないので、その範囲内でのデータをいうと男性では体重の40~45%が筋肉、女性は男性よりも5%ほど少なく、体重の約35~40%が筋肉というのが平均的な値となっています。
具体的な数字で表すと体重が70kgの男性であれば、28~31.5kgが筋肉という事になります。しかし、この値はあくまで普通の人の平均的な値なので、アスリートの方やボディビルをやっている方などはかなり違ってきます。
また、体脂肪率が極端に高い肥満の方などもこの限りではなく、もっと筋肉量は少ないと思われます。

前述の通り筋肉量はある程度、体重に依存しますが、例えば、1年で20kg体重を増やした場合でも、8~9kg筋肉が増えたとは考えにくいと言えます。
確かにそれだけ体重が増えれば、筋肉も増えてはいると思われますが、その場合は以前よりも脂肪率が上がったと考える方が自然でしょう。
理論上は1年間で20kg筋肉を増やす事は可能だと言われていますが、そのような事は通常、殆どありえず、元々、筋肉の少ない人がハードトレーニングを1年間やりつづけ、毎日、栄養管理をし、休養をしっかり取れる環境におくなどの完璧な環境におかなければ、20kgという数字を達成するのは難しいと言えるでしょう。
通常は1年間、筋力トレーニングをやり続けても、増える筋肉量は数キロ程度で、栄養を取って急激に増やそうとしても、ただ脂肪が増える事の方が多いと思われます。