筋肉の成長を抑制するミオスタチンについて「トレーニング Information」

筋肉の成長を抑制するミオスタチン

ミオスタチンについて

ミオスタチンとは筋肉の成長を抑制する働きを持つ、筋繊維から分泌されるタンパク質の事で「マイオスタチン」と呼ばれる事もあります。
さて、筋力トレーニングなどによって筋肉を成長させようとしている人には厄介な存在だと感じる、この「ミオスタチン」ですが、そもそも何故、筋肉の成長を抑制する必要があるのでしょうか?
その理由は筋肉が異常に太くなってしまう事を防ぐ為や、ミオスタチンが働かないと癌になる危険性が高まるなどの理由が挙げられるそうです。

ちなみに動物を使った実験では筋肉に強い刺激を与えると、ミオスタチンの量は3分の2位にまで減ってしまうそうです。
また、人間がハードな筋力トレーニングなどを行った後でも動物の場合と同じようにミオスタチンの量は半分位にまで落ちると言われています。

この結果から見て、筋肉の成長とミオスタチンは非常に関連性が高い事が分かり、ある意味、このミオスタチンの働きを抑える為にトレーニングを行っているとも言えそうです。

筋肉の成長の具体的な流れとしては、ハードなトレーニングによってミオスタチンの量が減り、筋肉の元になる細胞の増殖が始まる事によって、筋繊維が太くなるというフローになります。
筋力トレーニングを行っている方が、ミオスタチンを意識する必要はあまりないかと思われますが、こういった物質があるという事は知っておいて損はないと言えるでしょう。