背中の筋肉を鍛えるワンハンドダンベルロウ「トレーニング Information」

ワンハンドダンベルロウ

ワンハンドダンベルロウについて

ワンハンドダンベルロウとはダンベルベンチを使用する主に背中の筋肉に効果のあるトレーニングです。大掛かりな器具をを必要としないので、家庭でも比較的、始めやすいトレーニングだと言えます。
ワンハンドダンベルロウは片手と片膝をベンチの上で固定する為、体を安定させやく、体の中心部分の筋力のあまり強くない人でも安全にトレーニングに取り組む事ができます。
それでは以下に具体的なトレーニング方法と注意点や意識すべき点などをご紹介します。

ワンハンドダンベルロウ

まず、片手と片膝をベンチの上に置き、ベンチに置いていない方の手でダンベルを持ちます。(※このトレーニングはベンチに置く手足の左右入れ替える事によって、左右両方の筋肉を鍛える運動です)
その状態から背中を固定したまま、出来るだけダンベルを大きく上に引き上げ、最大の効果を引き出す為に動作の最後で軽く胸をひねる事を意識します。
ワンハンドダンベルロウは正しいフォームで行えば、背中の広背筋をはじめとし、大円筋や肩の三角筋後部、そして動作の最後で胸をひねる事で僧帽筋菱形筋も鍛える事ができます。このトレーニングは腕の筋肉も刺激されますが、基本的に背部の筋肉のトレーニングなので腕の筋肉は特に意識する必要はないと言えるでしょう。
ワンハンドダンベルロウイメージ
注意点はダンベルを引き上げた時に胸を張る事を意識し、背中を丸めない事と、肘を曲げすぎて、負荷が上腕に逃げないようにする事が大切です。
ワンハンドダンベルロウは腕を曲げて持ち上げるのではなく、前腕部分などはリラックスさせ、背中で引き上げるイメージで取り組みましょう。