プッシュアップ(腕立て伏せ) 「トレーニング Information」

プッシュアップ

プッシュアップについて

プッシュアップは誰もが一度はやった事があると思われる、とてもポピュラーなトレーニング方法ですが、やり方が間違っている人も多い運動でもあります。
基本的に胸の筋肉を鍛える場合は手の幅を広めに取り、体を下ろしていって、二の腕の角度が床と平行になった時に肘の角度が90度になるように手の幅を調整する必要があります。

また、やたらと回数をこなす事にこだわる方がいらっしゃいますが、何回やったかよりも正確なフォームで狙った筋肉に刺激を与える事を重要視した方が確実に効果はでます。
以下に基本的なプッシュアップのフォームイメージを掲載します。
プッシュアップイメージ
このように腰などを上げずに体を真っ直ぐにしたまま体をしっかりと下ろす事が大切です。

よくある間違ったやり方のひとつとしては手の幅を肩幅程度に取り、肘を縦に曲げて行っている場合がありますが、これだと大胸筋への刺激は不十分で二の腕の上腕三頭筋に一番強い刺激が与えられてしまいます。

その他のバリエーション

プッシュアップは足を椅子などの上に乗せ、足の高さを上げると、「デクラインプッシュアップ」という種目になり、主に大胸筋の上部に最も刺激を与える事ができるトレーニングになります。
これはベンチプレスで言う所のインクラインプレスにあたり、鎖骨の下の胸の上部に筋肉をつけたい場合は通常のプッシュアップより、こちらの方が効果が期待できます。

その他のプッシュアップのやり方としては更に手の幅を広げたり、手の位置だけに台などを設けて高さを上げ、通常、地面がある位置より深く下げる方法などがあります。
これらの方法は通常の方法よりも大胸筋に強い負荷がかかるので、更なるレベルアップが期待できます。