リバースバーベルカール 「トレーニング Information」

リバースバーベルカール

リバースバーベルカールとは通常のバーベルを手の平が上にくるように両手で持ち、上腕の力で持ち上げるトレーニングを両手の手の甲が上にくるようにもった状態でバーベルを腕で持ち上げる運動です。
単に持ち手を逆にしただけなのですが、その筋肉に対するアプローチは大きく変わってきます。
それでは以下にリバースバーベルカールの具体的なトレーニングの方法と注意点をご紹介していきます。

リバースバーベルカール

リバースバーベルカールはその名があらわす通り、バーベルカールの場合と手の持ち方を逆にして行うトレーニングですが、この事によって、前腕の伸筋郡(手首を伸ばす時に使う筋肉)をメインターゲットとしたトレーニングにする事ができます。
このトレーニングを初めて行う場合には非常に違和感を感じ、通常のバーベルカールより遥かに持ち上げにくいと感じると思いますが、前腕の筋肉には非常に効果的なトレーニングです。
また、リバースバーベルカールは上腕二頭筋と上腕三頭筋の間にある、上腕筋も鍛える事ができます。
リバース・バーベルカールイメージ
注意点としては肘を動かさないようにしっかりと固定する事を意識してバーベルを持ち上げる事と、体の反動を使って持ち上げないようにする事です。もし、どうしても肘が動いたり、反動をつけてしまう場合はオーバーウエイトの可能性が高いのでウエイトを下げて行うようにしましょう。