背中の筋肉を鍛えるシーテッド・ローイング「トレーニング Information」

シーテッド・ローイング

シーテッド・ローイングについて

シーテッド・ローイングとは専用のマシンを使って行う、「シーテッドロウ」とも呼ばれる背中の筋肉のトレーニングです。
このトレーニングが丁度、ボート漕ぎを行っているような動きをしますが、通常のボート漕ぎと違うのは足の力や体重をかけずに行う事です。シーテッド・ローイングを行う事によって背中を全体の筋肉を強化する事ができ、背中の筋肉に厚みを出す事ができます。
それでは、以下にシーテッド・ローイングの具体的なトレーニング方法や注意点について解説します。

シーテッド・ローイングの動き

まず、マシンに座り、しっかりと体を固定します。足を固定するステップのあるタイプのものであれば、両足をステップに固定してください。
ケーブルを引くタイプのものであれば、グリップが肋骨の下位の位置にくるように意識して、肩甲骨を寄せながらしっかりと最後まで引き、胸を起こします。バーを引くタイプのものであれば、引いた時に肋骨下位の高さにくるように高さを調節しましょう。
シーテッド・ローイングを行う事で刺激される筋肉は主に広背筋の下側でその他にも大円筋、肩の三角筋後部、腕の上腕二頭筋上腕筋腕橈骨筋などです。
シーテッド・ローイングイメージ
注意点は引く時に体を倒してしまうと広背筋への負荷が少なくなってしまうので、上半身が後ろに倒れないようにしっかりと意識する事です。