シュラッグ 「トレーニング Information」

シュラッグ

シュラッグについて

シュラッグとは首の側面にある筋肉である「僧帽筋」をメインターゲットとしたダンベル又はバーベルを使ったトレーニングです。
このトレーニングはダンベルやバーベルを両手に持つだけで、場所を選ばずに簡単に行う事ができます。また、動きの非常に少ない運動なので、狭いスペースでも問題なく行う事が出来る事も大きな特徴です。
それでは以下に具体的なトレーニング方法と、その効果、注意点などをご紹介します。

シュラッグ

まず、両手に自分の筋力レベルに合わせた重さのダンベルやバーベルを持ち、足を肩幅よりやや広めに開いて、背筋を伸ばして真っ直ぐに立ちます。
顎を上げて顔を斜め上に向け、肩をすくめるようにして首の横にある僧帽筋を収縮させ、ウエイトを上に持ち上げます。
このトレーニングを行うことによって、上部、中部、下部と分かれている僧帽筋の中でも特に上部の筋肉を鍛える事ができ、首の側面の筋肉が首を保護するように盛り上がる効果があります。
以下に図を用いて具体的なトレーニングの動きをご説明します。
シュラッグイメージ
上記の図ではダンベルを用いていますが、バーベルを使用する場合も基本的には同じと考えても問題はありません。
シュラッグをおこなう上での注意点は腕の肘を曲げたり、足首や腰を使って反動をつけないようにする事を特に意識しましょう。