お尻の筋肉を鍛えるスクワット「トレーニング Information」

スクワット

スクワットについて

スクワットとは主に太ももの前部にある大腿四頭筋をターゲットとしたトレーニングで、その他にも臀部にある大殿筋、太ももの後ろ側にあるハムストリングなど、下半身にある多くの筋肉を鍛える事ができるという特徴から「キング・オブ・エクササイズ」とも呼ばれています。
また、スクワットはウエイトを用いなくても行う事ができる為、ご家庭でも気軽に始める事ができるのも特徴のひとつです。
それでは、以下にスクワットの具体的なトレーニング方法や注意点などをご紹介します。

スクワット

スクワットは肩幅程度に足を開いた状態で立ち、その状態から背筋を伸ばしたまま、腰を下げていき、太ももと床が平行になるまでゆっくりと膝を曲げていきます。この時、そこまで下ろすのが難しいようであれば、少し手前で止めていただいても問題ありません。
この運動をゆっくりと何度を反復する事によって、主に太ももとお尻の筋肉を鍛える事ができます。また、バーベルなどのウエイトを用いる事によって、より負荷の高いトレーニングとなり、更なる筋肉と筋力の増加をはかる事が可能です。
以下にバーベルをウエイトとして用いたバーベルスクワットの図を示します。
スクワットイメージ
バーベルなどのウエイトを持たない場合も基本的には同じフォームで行い、その場合は両手を胸の前でクロスするか、バランスをとるのが難しいようであれば、腕を前方に真っ直ぐに伸ばして行うとよいでしょう。
ノーマルスクワットイメージ
注意点は背中は絶対に丸めないようにし、運動中も常に背中を真っ直ぐに伸ばした状態を保つようにしましょう。
また、足を内股にしたり、膝をつま先より前に出すと効果が薄れる上に膝の負担が増えて、怪我の危険性が高まりますので、正しいフォームをしっかりと意識して行いましょう。

オープンスタンススクワット

オープンスタンススクワットとは別名、ワイドスタンススクワットとも呼ばれる、内ももの筋肉に効果のあるスクワットで通常のスクワットより足を開いた形で行います。
以下のリンク先ページにて、詳細をご紹介しています。