太ももとお尻の筋肉を鍛えるスティッフレッグ・デッドリフト「トレーニング Information」

スティッフレッグ・デッドリフト

スティッフレッグ・デッドリフトについて

スティッフレッグ・デッドリフトとはバーベルを使って行う、主に下半身と腰の内側にあるインナーマッスルを鍛える為のトレーニングです。
通常のデッドリフトとスティッフレッグ・デッドリフトとの違いは、脚の力を使わずに上体を起こしてバーベルを上げるという部分が大きく異なる部分で、この違いにより、太もも前部の大腿四頭筋などが動因されず、ハムストリングと大殿筋により大きな刺激を与える事ができます。
尚、名称にもついている「スティッフレッグ」とは脚を固めるという意味です。

それでは、以下にスティッフレッグ・デッドリフトの具体的なトレーニング方法や動作中に注意するべき点などをご紹介します。

スティッフレッグ・デッドリフト

スティッフレッグ・デッドリフトはまず、バーベルのすぐ後ろに立ち、バーベルを持って真っ直ぐに立ちます。
そこから、脚は膝を少し曲げる程度にとどめ、背筋をまっすぐにした状態をキープしつつ、できるだけ腰を折ってバーベルを膝のすぐ下あたりの位置まで下ろしていきます。
バーベルを十分な高さまで下ろすことができたら、再び背筋を伸ばしたまま、脚の力を使わずに上体を起こし、真っ直ぐに立ちます。
この動作を繰り返す事によって、太ももの後ろ側にあるハムストリングとお尻の中心部にある大殿筋を強く刺激する事ができ、体のコアの部分である脊柱起立筋群を鍛える事ができます。
スティッフレッグ・デッドリフトイメージ
スティッフレッグ・デッドリフトの注意点はデッドリフトと同じく、動作中は一切、背中を丸めないようにする事です。背中を丸めてしまうと腰に負担がかかり、腰痛の原因にもなります。