筋肉の構造について「トレーニング Information」

筋肉の構造

「筋肉の構造」について

筋肉は体の細胞の中でも特に大きな細胞である「筋繊維」から構成されています。
この巨大な筋繊細胞の長さは長いものだと10cm以上にもなり、細胞ひとつの太さは人の髪の毛と同じ位の大きさです。
筋細胞は大きさ以外にも、環境適応能力に特に優れている細胞だと言われており、通常の細胞は破壊されると新しいものと入れ替えるというシステムになっていますが、この筋細胞の場合は傷ついた細胞を修復し、更に以前よりも太く、強くなるという驚異的な能力を持っています。
これは細胞ひとつひとつが巨大である為、新しい細胞と入れ替えるよりも破壊された部分を修復した方が早く治せるという理由と、筋細胞は環境に適応し、出来るだけ短期間で強くなっていく必要があるというふたつの理由からこのようなシステムで機能していると考えられています。
しかし、過剰に筋肉を痛めつけると細胞が死んでしまう事もある為、筋力トレーニングはハードに追い込みつつもオーバーワークにならないように気をつける必要があります。

筋肉の構造

筋肉は前述した筋繊維が束になってできており、その本数は代表的な腕の筋肉のひとつである上腕二頭筋だけでも数万本あるとされています。また、この筋繊維の数には個人差があり、一般的にはこの一本一本の筋繊維の太さが太くなる事で、筋肉は強く太くなっていると考えられています。
また、一般的には生まれつき本数が決まっているとされている筋繊維の本数が増えるという別の説もありますが、現段階では筋繊維の増加は確認されておらず、もし、筋繊維が増えているとしても微々たる量だと考えられている為、筋肉が強化される大きな要因は筋繊維が太くなる事だとされています。