水泳と筋肉について「トレーニング Information」

水泳と筋肉

水泳と筋肉について

水泳は水の抵抗の伴う全身運動だと考えられている為、筋肉を効率良くつける為に効果的だと考えられている場合がありますが、実は筋肉をつけるという目的においては水泳はあまり効果的でないといえます。
大きな理由としては水泳は出来るだけ水の抵抗を減らして泳ぐ事を目的としており、泳ぎが上手くなればなるほど、筋肉への負荷は下がってしまう傾向にある為です。
水泳を始めた初期の段階においては筋力トレーニングとしても意味があるかもしれませんが、長期間続けた場合、ある程度以上の筋肉の肥大化は見込めなくなってしまうというのが現状だと思います。
また、水泳を筋力トレーニングを目的として取り組む場合には、クロール、平泳ぎ、バタフライなど、様々な泳ぎ方をするようにした方がより全身の筋肉を鍛える効果が見込めると言えるでしょう。

しかし、結論としてはオリンピックにでるような水泳の選手が肩幅が広く、ガッシリとした体型をしているのは水泳をやっているからだけではなく、水泳にそのような体型が向いており、結果、元々そのような体型の選手が多く有名になっているか、速く泳ぐ為に筋肉を大きくするウエイトトレーニングなども取り入れているからだと思われます。