トライセプスエクステンション 「トレーニング Information」

トライセプスエクステンション

トライセプスエクステンションとはバーベルやダンベルを手に持って行う、二の腕の裏側にあたる上腕三頭筋を鍛えるトレーニングです。
基本的にはベンチに仰向けになる、または腰掛けた体制で行うもので、それぞれ、ライイング、シーテッドと言った種類に分けられます。
それでは以下に具体的なトレーニングの方法と注意点をご紹介していきます。

ライイング・トライセプスエクステンション

ライイング・トライセプスエクステンションとはベンチの上で仰向けになり、頭頂部の更に上の辺りにバーベルを構え、そこから肩の上の位置にバーベルを持ち上げて行う運動です。
このトレーニングは上腕三頭筋のみにターゲットを絞った動きなので、上腕三頭筋に対して大きな効果が期待できます。
また、ダンベルで行う場合は顔の額あたりの位置でダンベルを構えてから行うとよいでしょう。
ライイング・トライセプスエクステンション
このトレーニングの注意点は脇を開かないようにして行う事が大切です。脇が開いてしまうと上腕三頭筋への効果が薄れてしまう為です。
また、バーベルを持ち上げた際に顔か肩くらいの位置以上に下半身側に持ってくると上腕三頭筋に対する負荷が抜けてしまうので、下げすぎないようにする事も大切です。

シーティッド・トライセプスエクステンション

シーティッド・トライセプスエクステンションとはベンチに腰を下ろした状態でダンベルまたはバーベルを持って、後頭部の後ろ辺りにウエイトを構え、そこから腕を伸ばし、頭上へと持ち上げる運動です。
このトレーニングをダンベルで行う場合は片手もしくは両手にダンベルを持って行います。
シーティッド・トライセプスエクステンション
注意点は背中を反らしすぎないようにする事です。また、安全を確保する為に背もたれのあるベンチを使用する場合は背もたれの低いベンチを用いるようにしましょう。