チューブアームカール「トレーニング Information」

チューブアームカール

チューブアームカールについて

チューブアームカールとはチューブ(トレーニング用のゴムバンド)を使ったアームカールと呼ばれる腕の曲げ伸ばし運動です。
アームカールはダンベルやバーベルを使って行うものが有名ですが、チューブで行う事によって、筋力にあまり自信のない方や女性の方でも気軽に上腕二頭筋のトレーニングを行う事ができます。
また、チューブは負荷のかかり方がフリーウエイトを使用する場合と異なりますので、通常、ダンベルなどでアームカールをされている方もバリエーションのひとつとして行ってみるのもよいでしょう。
それではチューブを使った上腕二頭筋の具体的なトレーニング方法を以下にご紹介します。

チューブアームカールのやり方

チューブアームカールは上腕二頭筋という、通称、「力こぶ」と呼ばれる部分の筋肉を発達させる為のトレーニングです。 チューブで行う事によって、動きの最初から最後まで負荷がかかる為、常に筋肉に意識を集中する事ができます。
具体的なてトレーニングの方法としては、まず、足を肩幅程度に開き、チューブを踏みます。
そして、チューブの端を片手、または両手で握り込み、絶対に肘を動かさないように固定する事を意識して、腕を曲げ、上にチューブを引き伸ばします。
十分に腕を曲げる事ができた後は呼吸をしながらゆっくりと元の位置まで腕を伸ばしていきます。
チューブアームカールイメージ
このトレーニングは持ち方を変える事によって、ハンマーカールリバースカールも行う事ができる為、上腕の他にも前腕なども鍛える事ができます。
注意点としては体を反らさないようにして、最後まで負荷を腕に与えるように心がけて下さい。