チューブレイズ[肩を鍛える] 「トレーニング Information」

チューブレイズ[肩を鍛える]

チューブレイズについて

チューブレイズとは簡単に言うとチューブ(トレーニング用のゴムバンド)を使った引き上げ運動です。
ダンベルなどの重いウエイトを用いるトレーニングとは違い、筋力にあまり自身のない方でも安全に筋肉を鍛える事ができます。
また、チューブは持ち運びに便利でトレーニングの際も場所を取らないので、どこでも行う事ができるという利点があります。
それではチューブを使った肩の筋肉のトレーニング方法を以下にご紹介します。

チューブサイドレイズ

チューブサイドレイズはチューブの中ほどを両足の裏で固定し、両手にチューブの先端を持って肩の高さまで腕を引き上げる運動です。
この運動は肩の外側についている三角筋の主に中部を刺激し、鍛える事ができます。また、筋力の高い人は両手にダンベルを持って行う事ができます。(この場合はダンベルサイドレイズという)
チューブサイドレイズイメージ
注意点は必ず、しっかり肘を伸ばして行う事と、体を前傾にしたり、反らせたりしない事です。あとは負荷が強くなると、引き上げる際にかかとが上がってしまいがちなので、そちらも注意してトレーニングを行っていきましょう。

チューブフロントレイズ

こちらも先ほどのチューブサイドレイズと運動前の基本姿勢は同じですが、腕を引き上げる際の軌道が異なります。
チューブフロントレイズは名前の通り、フロント(前)に腕を上げる事で三角筋の前部に負荷をかけるトレーニングです。
チューブフロントレイズイメージ
注意点はチューブサイドレイズとほぼ同じなのでそちらをご参照ください。また、呼吸をしながら2秒くらいかけてゆっくり行うと効果的です。

チューブリアレイズ

チューブリアレイズは先ほどご紹介した二つの肩のトレーニングとは運動前の基本姿勢が大きく異なり、前傾姿勢をとる事から始めます。
そこから肩の高さまで両腕を引き上げていきます。イメージとしては体の前で閉じた腕を背中の方に向かって引き上げるような運動です。
チューブリアレイズは三角筋の後部に効果があります。ここがしっかりすると上腕三頭筋と肩の境界線がはっきりとして肩の筋肉がより際立ちます。
チューブリアレイズイメージ
注意点は腕を引き上げる際にどうしても体の反動を使ってしまいがちなので、前傾姿勢をしっかりと維持する事と、基本姿勢を作る際に十分に腰をかがめる事です。