筋肉の衰えについて「トレーニング Information」

筋肉の衰え

筋肉の衰えについて

筋肉の衰えの原因としては、運動不足や加齢によるものなどがあげられますが、このページでは加齢による筋肉の衰えについてとりあげていきたいと思います。
まず、筋肉は何らかの対処を行わなければ、25~30歳頃をピークに1年ごとに衰えていくと言われています。そのスピードは最も衰えが顕著にあらわれる太ももの「大腿四頭筋」においては一年ごとに約1%ずつ細くなっていくとされており、80歳になるとピーク時の約半分の筋力になってしまう事になります。
しかし、加齢による筋肉の衰えはある程度は遅らせる事ができると言えます。まず、最も加齢の影響を受けやすいのは瞬発力を発揮する「速筋」である為、歳をとると目に見えてじょじょに動きが鈍くなりますが、逆に考えるとこの速筋繊維を弱らせないようにする事で加齢による筋力の衰えにある程度、対処できるといえます。
これはトレーニングを続けている50代の男性が何もやっていない20代の男性に筋力で勝っている事がある事からも想像ができると思います。
速筋を鍛えるにはダンベルやバーベルなどのフリーウエイトを用いたものや、ジムなどにあるマシンを使ったものなどがあげられますが、これらを用いた経験がなく、危険を感じる場合は階段や坂道を上り下りする事で速筋を鍛える事ができます。
しかし、個人的にはある程度、高齢の方でもマシンを使って、トレーニングをする事をおすすめしたいと考えています。
なぜなら、階段や坂道の上り下りは関節に負担がかかりますが、レッグエクステンションなどのマシンは関節にあまり負担をかけずに筋肉を鍛える事ができるからです。
レッグエクステンションについては以下のリンク先ページにて、ご紹介していますので、ご興味を持たれた方はご一読ください。