体重と筋肉「トレーニング Information」

体重と筋肉の関係性

筋肉と脂肪の重さの違い

よく筋肉は脂肪よりも重いという話を聞きますが、実際にはどの程度、比重の違いがあるのでしょうか?
筋肉と一口に言っても様々なケースが考えられるので、厳密な数字を得る事は非常に難しいのですが、基本的には筋肉は脂肪よりも約1.2倍重いと言われています。
野球のイチロー選手などを例にあげてみると分かりますが、イチロー選手は細身の体に見えますが、実は体重は78kgあり、一般的な人の感覚から言えば、やや肥満とも言える体重です。
しかし、一般的な人よりも脂肪の量が少なく、筋肉量の多いアスリートは体重はあまり関係なく、外見的には肥満とは程遠いスタイルだと言えます。
このように筋肉が多い人は見た目よりも体重が重くなる傾向にあるので、通常よりも筋肉量の多い人に限っては「スタイル=体重」ではない事がよくわかると思います。

ダイエットの為に筋肉をつけるという事

前述の通り、筋肉は比重が重いため、ダイエットの為に筋肉トレーニングをすると逆に体重が重くなってしまうという事は大いにあり得ます。
スタイルだけを重要視するのであれば、体重が増える事も問題ないかと思いますが、特に女性の方は体重を気にしてしまうのは仕方がない事だと言えるかもしれません。
体重をどうしても増やしたくないという場合は、負荷の軽い運動を多くの回数行うか、ランニングやバイクなどの有酸素運動を長時間続けるなどして、筋肉を太くしないようにしながらトレーニングを行うとよいでしょう。
しかし、筋肉量を増やさないと基礎代謝は上がらないので、消費カロリーを増やしたいのであれば、ある程度、体重は増加してしまうものだという事を頭に入れて筋力トレーニングに取り組んでいきましょう。